ここからページコンテンツが開始します

介護の日本語通信

☆みんなと学習して、スマイル☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みなさん、こんにちは。
寒い日が続きますが、お元気ですか。
仕事や勉強を頑張っている人も多いと思います。
学習会は終わりましたが、引き続き各自の学習を進めて下さいね。

さて、先週の介護の日本語通信では
講師の先生方からのメッセージをお送りしました。
今週は介護の日本語教育を統括(とうかつ)している
首都大学東京の西郡(にしごおり)先生からの
応援メッセージをお送りします。

--------------------------------------------------------------------------

関係者からのメッセージ -西郡先生-

--------------------------------------------------------------------------

みなさん、一年間の学習会お疲れさまでした。
首都大学東京の西郡 仁朗(にしごおり じろう)です。
みなさんとは授業でお話しすることは少なかったのですが、
時々秋葉原キャンパスを訪問し、日本語で専門的な内容について
意見を交換している様子を見て、みなさんにいつも感心していました。

秋葉原キャンパスでのコースは今年度で終了しますが、
新しく首都大学東京オープンユニバーシティ飯田橋キャンパスで
「介護の専門日本語1」と「介護の専門日本語2」というコースを
始めます。みなさんの中でもっと介護の専門日本語を勉強したい人、
また、みなさんの後輩にも参加してほしいと思っています。

みなさんは毎日利用者の方や介護施設のスタッフの方々と触れて、
日本や日本の生活にも慣れてきたと思います。
でも、仕事の後や合間に日本語と国家試験の勉強をするのは
本当に大変でしょう。
勉強することを苦しく感じることもあるのではないでしょうか。

そんな時、一番頼りになるのは仲間の存在だと思います。
同じ国から来た仲間や施設の人々と、助け合ったり、教えあったり、
質問に答えてもらったりすることで、自分はひとりではないと
感じることができます。
これからも仲間を大切に、そして、日本での生活が実り多く
楽しいものになるようお祈りしています。

首都大学東京大学院 人文科学研究科 教授 西郡仁朗

**********************************

言葉を調べる時は、こちらのサイトを利用してください。
http://chuta.jp/

修了懇談会での発表の準備は進んでいますか。
しっかり準備してくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆学習会の写真<1月 A日程・B日程>

<国家試験問題の演習>

<テストの様子>

<成果発表の話し合い>