ここからページコンテンツが開始します

みなさん、こんにちは。
 
2月18日(日)看護師国家試験を受けるみなさんへ先生方からメッセージがあります。

試験場の自分をイメージしてみましょう。
落ち着いて。深呼吸。
1年間頑張ってきた皆さんはきっとうまくいきます。
自信をもって出発!

首都大学東京 健康福祉学部 看護学科
准教授 石川 陽子(いしかわ ようこ)

みなさん、調子はいかがですか。
試験時間は朝から夕方までです。
この時間に力が発揮できるように生活リズムを整えてください。
夜は11時には寝るようにしてください。
みなさんのご健闘をお祈りしています。

首都大学東京 健康福祉学部
特任准教授 土屋有利子(つちや ゆりこ)

模擬試験で最高点をとったテストをお守りに持っていきましょう。
何度も見て最高の実力を発揮して下さい。祈っています。

首都大学東京 健康福祉学部
特任准教授 三縄 久代(みなわ ひさよ)

いよいよ国家試験がきてしまいましたね。
緊張していますか? もちろんそうですよね。深呼吸をしてゆっくり問題を読んで解いて下さい。時間はたっぷりありますので、急ぐ必要はありません。国家試験が終わりましたら「一年間お疲れ様でした」と笑っている満足顔をみたいです。
本当に自信を持って合格する為に試験場に向かって下さい。

首都大学東京 健康福祉学部
ビンジョリ(from Indonesia)

いよいよ2月18日、国家試験ですね、一年間勉強した成果を出して、頑張ってください。 自分を信じて、自信を持って、国家試験にチャレンジしてください。今年こそ笑顔の合格ですよ。まだまだ寒いですね、風邪をひかないように十分にお気をつけて。
(DO YOUR BEST AND GOD WILL DO THE REST) GOOD LUCK!)

首都大学東京 健康福祉学部
ジョイス(from Philippines)

いよいよですね。試験日が近づいてくるとこれもあれもそれもやらなきゃ、見直さなきゃと落ち着かなくなっていませんか?大丈夫!!!焦らないで!今までいっぱいやって来たし、あなたたちの頭の中に確実に知識が詰まっているはず。瞬間的に思い出せなくても焦らず糸先のヒントから辿っていくと、詰まってる知識の山から正しいものを選択できるはず。なので、穏やかな気持ちで試験に臨んでくださいね。試験の直前は栄養のあるものをたべ、よーく眠ってくださいね。
心から応援してる。頑張れ!!!

首都大学東京 健康福祉学部
ミンフー(from Vietnam)

今まで頑張ってきた皆さんへ、

【気持ち】
 1.自分を信じましょう。努力は実ります。
 2.あせらないで、大丈夫。できるから!
 3.気持ちを穏やかにしましょう。そして、集中!
【行動】
 1.前の日の夜は、早めに寝て、朝は余裕をもって行動しましょう。
 2.当日の朝ご飯は食べましょう。
   (血糖値を適切に保つことが大切です。)
 3.当日のお昼ご飯は軽めにしましょう。
   (食べ過ぎて集中力が下がらないようにしましょう。)

応援しています。最後まであきらめないで頑張ってくださいね。できる!

首都大学東京 健康福祉学部
特任助教 有路 智恵(ありじ ちえ)

いよいよ国家試験ですね。
試験でわからない問題があっても焦らないで、そして、最後まであきらめないで解答してください。みなさんの合格をお祈りしています。

首都大学東京 健康福祉学部
特任助教 田中 郁江(たなか いくえ)

皆さんの夢を聴いたとき、「看護師になって〇〇したい!」と教えてくれました。皆さんそれぞれの想いに、素敵だなぁと感動しました。
いよいよ国家試験です。
自分を信じればきっと夢は叶います。心から応援しています。

首都大学東京 健康福祉学部 
特任助教 三好 優子(みよし ゆうこ)

みなさん、心は落ち着いていますか。  
2月18日(日)は試験開始30分前には試験会場に到着してくださいね。
いつもの遅刻はなしよ。 土屋先生たちが試験会場で待っていてくれます。
私は朝から大学にいますよ。
何か困ったことがあれば、いつでも連絡してくださいね。
大学の電話番号は03-3819-1211。  大丈夫。 できるよ。

首都大学東京 健康福祉学部
特任准教授 尾形 直子(おがた なおこ)

毎日通信は本日を持ちまして、終了します。
これまで、お読みいただきありがとうございました。
みなさんと一緒に勉強することは、とてもたのしいことでした。
毎日通信は終了しますが、私たちはいつもEPA看護師候補者のみなさんを応援しています。 がんばって。